白癬菌を改善するクロトリマゾールはどのような種類の薬か

クロトリマゾールは皮膚真菌症の治療に用いられる薬でイミダゾール系の抗真菌薬という種類に分類されます。

真菌とはカビの仲間です。皮膚真菌症として水虫があります。たむしやしらくもなど皮膚真菌症の多くは白癬菌が原因です。ほかにもカンジダ症をひきおこすカンジダ属菌も真菌の仲間です。

ではクロトリマゾールという抗真菌薬はどのようにして白癬菌の症状を改善するのでしょうか。真菌の細胞にはヒトの細胞と異なる部分があります。真菌はエルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜をもっています。そして真菌はこのエルゴステロールを合成することができないと生きていくことはできません。クロトリマゾールは、そのエルゴステロールの合成を阻害することで死滅させる作用をもっています。

この抗真菌薬のなかにはエルゴステロールに着目したものが他にもあります。それがポリエン系抗真菌薬という種類の抗真菌薬です。これはエルゴステロールと直接反応することで真菌の細胞膜に穴をあけて殺してしまいます。ところがこの薬は人間の細胞膜を構成しているコレステロールにも反応するため、副作用が強いという問題点もあります。

そこで新しく開発された種類の抗真菌薬は、エルゴステロールを直接破壊するのではなく、その生成を妨害することで高い殺菌性を持たせるとともに、副作用を軽減させています。

塗り薬なので副作用が少なく、白癬菌による症状を改善させることができます。軟膏、クリーム、液剤の3つの種類の薬が販売されています。症状や部位にもよりますがクリームがどんな症状にも対応できて使いやすいです。特に湿潤している患部には、軟膏かクリームが適しています。液剤は刺激が強いのが欠点です。塗布時に刺激感を感じるのは仕方がありません。ただ液剤は浸透力が強いのが強みです。そのため角質化している患部の治療には適しています。