クロトリマゾールの副作用は少ないのが特徴

クロトリマゾールは、真菌の増殖を抑える薬です。
真菌はカビや酵母などの総称です。
真菌によって生じた病気は、真菌感染症と呼ばれ、白癬菌への感染で起こる水虫、いんきんたむし、脂漏性皮膚炎、カンジタ菌の感染で起こる皮膚カンジタ症や指間びらん症、間擦疹などの治療に用いられるのが、クロトリマゾールという抗真菌薬です。
放置していて、真菌感染症が治るということは非常に稀なケースであり、クロトリマゾールなどの副作用の少ない抗真菌薬を使うのが一般的です。
真菌の細胞膜を破壊し、殺菌します。
皮膚の発赤や痒みがなくなり、再発防止にも繋がります。
効き目も早く、刺激痛が少ないのも利点です。
真菌感染症には、皮膚などに起こる表在性真菌症と、体内で起こる深在性真菌症の2種類があります。
水虫、いんきんたむし、カンジタ症などは、表在性真菌症に分類されます。
表在性真菌症の場合は、治療する時にクロトリマゾールの塗り薬やクリームが使用されます。
クリームなどを患部に直接塗ることで、疾患部位だけに薬を浸透させることができます。
クリームは、服用薬に比べ、副作用が少ないのが特徴でもあります。
クロトリマゾールは、クリーム以外にも外用薬や膣錠、トローチなどの種類があります。
膣錠は主にカンジタ症の治療に使用され、トローチはHIVに由来する口腔カンジタ症の治療に使用されます。
ただし、薬が体質に合わない場合や薬に対してアレルギーがある場合には、刺激感や発赤、紅斑などの副作用が出る場合もあります。
副作用のような症状が出た場合、すぐに使用をやめ、医師に相談しましょう。
また、リンコマイシン系の抗生物質に過敏な反応をする方の使用は禁止されていますので、注意しましょう。