イミダゾール系抗真菌薬のクロトリマゾール

イミダゾール系の抗真菌薬の有効成分は、クロトリマゾールになります。
クロトリマゾールは、皮膚表面や膣などに発症する、真菌による感染症に対して効果を発揮します。真菌は、エルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜を備えています。この細胞膜の生合成が繰り返されることによって、増殖していきます。クロトリマゾールは、この生合成を阻害して、増殖の抑止と共に殺菌までも手がけます。真菌の増殖能力との戦いになりますので、どのような症状に対しても全ての菌を死滅させるまでには、ある一定の期間を必要とします。
対象となる菌としては、水虫の白癬菌、カンジダ、いんきんたむしなどがあります。いずれもかゆみや患部の赤み、ただれなどが見受けられ、辛さが伴います。
クロトリマゾールには、軟膏、クリーム、液剤といった形態があります。広く蔓延した症状に対して、全体的に網羅するためには、軟膏やクリームが一般的に使われています。ただ、皮膚の部位によっては、足の裏などの角質化しているところもありますので、薬の浸透力の強い液剤が効果的でもあります。
具体的な使用方法にあたっては、まず、患部ならびにその周辺の皮膚を清潔にします。そのあとにクリームなどを薄く広げるようにして塗り伸ばします。菌の分散を避けるために、クリームや軟膏の容器類から取り出す場合は、素手で行わずにヘラやスパチュラなどで必要量を出します。患部へ塗り込む際も、直接指でおこなうよりも、清潔なビニール手袋などを使うことが望ましくもあります。
用量としては、1日2回から3回の塗布を繰り返します。多く塗ればそれだけ菌を死滅させる数も多くなるという訳ではありません。余り多くつけすぎて、かえってかぶれてしまうことがありますので注意を要します。実際には、医師の診断の元で、塗り方についても指導を仰いだ方が安全です。また、菌の種類や症状によって、塗布を継続する期間も異なります。やみくもに塗り続けていることも、望ましいことではありません。思うような効き目を得ることができない場合は、他の薬に切り替える方が良い場合もありますので、経過に応じた診察も大切になります。
クロトリマゾールは、効き目の強さがありながら、副作用は少ないという特徴があります。ただ、体質的に皮膚が弱い人たちも存在します。抗生物質をはじめとする薬によって、皮膚にかぶれを起こしたり、赤みを生じたことのある場合は、慎重に扱います。

▼カンジダや白癬菌の治療薬買うならここ!
クロトリマゾールでじゅくじゅく水虫をやっつけよう
▼抗真菌薬ならこれがオススメ
フロリードDクリーム